2012年10月19日

江ノ電の旅 〜長谷駅〜

今回の鎌倉の旅は、私にとっては江ノ電と海がメインだったので、名所巡りは二の次でした。
それでも、一応名所には行っておこう!ということで選んだのは長谷駅です。

江ノ電は単線なので、駅のホームは片側というのが多いです。
その中でも、長谷駅は比較的大きな駅です。
アジサイで知られる長谷寺や鎌倉大仏の最寄駅です。

長谷寺は長谷駅から歩いて5分くらいです。
長谷寺

長谷寺
長谷寺の展望台から撮影。由比ケ浜が見えます。
午前中は雲が多かったのに、午後からはこんなに晴れました。

長谷寺
蓮の時期はもう終わっていて残念です。アジサイ以外にも見所は多いお寺のようです。

前日に泊まった友人宅の子供。4歳のYちゃん。
蓮池の前でこんなポーズ。
午前中は自宅でお休みしてて、午後から合流しました。
撮り合いっこ
撮り合いっこ.jpg
それを撮影している私。
私たちってすっかりお友達になったんです(^^♪

撮り合いっこ
こんなにご機嫌です♪ (ちょっとブレた。ごめ〜ん)

長谷寺からさらに5分くらい歩くと、大仏のある高徳院に着きます。
大仏
大仏
大仏
大仏前のバス亭。バスがすてき♪

シーズンオフですが、外国人の観光客がけっこういましたよ。
長谷寺でもそうなのですが、ほかの観音像や阿弥陀仏がかなりのビッグサイズで、びっくりしました。
この界隈は見所が多いし、お店も多いです。

今回は時間が無くて、鎌倉駅周辺は廻りませんでした。
名物『鳩サブレー』だけは鎌倉駅で買って次の目的地東京へ。

江ノ電の中
これは江ノ電の中。表示がかわいいです。
観光地なので、カメラをぶら下げたまま電車にの乗っていても大丈夫です。

友達とは横浜駅で別れたのですが、4歳のYちゃんは、「じゅれいちゃんと今日も夜ご飯食べたかったのに…」と言っていたとか。
私って犬と子どもに懐かれやすいんですよ(^^ゞ

ところで、最近カメラバッグとして愛用しているのは、レスポートサックのCLASSIC HOBOというデザインです。
カメラバッグ
エツミのクッションボックスを入れて、Pentaxk-5とレンズ2本(18-135mmと55mm)、財布が収まります。
旅行にはちょうどいい大きさです。カメラバッグは大げさですから。
ストロボや望遠レンズを持って行くなら、もう一回り大きいDELUXE  EVERYDAYというデザインがよいですね。

次回からは東京駅⇒スカイツリーと続きます。ゴールはまだ遠い…。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Pentax K-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

江ノ電の旅 〜極楽寺・由比ケ浜〜

江ノ電情報を仕入れるために活用したのが こちら ⇒ 江ノ電沿線散策まっぷ
この散策まっぷを眺めていて、ぜひ行ってみたいと思った駅が極楽寺駅でした。
極楽寺駅
こじんまりした駅で、田舎の無人駅を思い出させます。
駅前の赤い郵便ポストが目印なのですが、思いっきり自分が写っちゃっていますので、今回はトリミングしました。
駅の雰囲気だけでも何枚か撮っておくべきでしたわ。
すぐ近くにトンネルがあるので、トンネル&電車を撮っておいてもよかったです。

極楽寺駅
乗り降りする人が少ないので、電車をじっくり撮れました。
撮り鉄ではありませんが、だんだん『撮り鉄』の気持ちが解ってきたような(笑)
江ノ電くんは良い被写体ですね。

極楽寺駅3.jpg
この青い電車は気に入りました♪

次は長谷駅を通り越して(長谷駅は次回アップします)由比ケ浜です。
油比ケ浜駅
この茶色の車両もレトロチックで素敵です。

由比ケ浜駅
この看板がすごく気になったんですけど…(笑)

由比ケ浜
由比ケ浜は駅から歩いて8分くらいです。
シーズンオフなので、サーファーorお散歩している人しかいません。

由比ケ浜
シーズンオフだからか?海藻がいっぱいで…。かなり残念だわぁ…。

由比ケ浜
散歩のワンコも海藻が気になる?…ことはない…か?  
このワンコは13歳だそうです。人懐っこいワンコでしたよ。

由比ケ浜2
由比ケ浜
湘南の海だぁ…。55〜300mmのレンズを持って行きたかったなぁ。

由比ケ浜
日本海の砂と違い、黒っぽいです。

稲村ケ崎.jpg
稲村ケ崎です。

由比ケ浜6.jpg
国道134号線側は、青空が見えたんですよ!

由比ケ浜駅周辺
駅周辺のマンションです。さすがにおしゃれだなぁ。

由比ケ浜駅周辺
こんなお店を見かけました。

撮影時はコントラストを高くしていたのですが、特に海の写真はコントラストを低く加工し、色も赤みを抑えました。
最近の好みの写真に仕上がっています。

次回は長谷駅を降りて、長谷寺と鎌倉大仏巡りです。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Pentax K-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

江ノ電の旅 〜鎌倉高校前〜

体調もだいぶ落ち着いてきたので、旅に出ました。

以前から横浜に住む友人が「遊びにおいで」と言ってくれていて、真っ先に思い浮かんだのが鎌倉だったんです。
神社仏閣めぐりはそんなに興味がないので、シーズンオフの海と江ノ電を撮りに行くことにしました。
持って行ったのはPentax K-5 レンズはDA18-135mmとDA55mF1.4SDMです。

鎌倉から藤沢まで巡るのは大変そうなので、鎌倉〜鎌倉高校前の区間の江ノ電撮影マップを作成しました。

まずは鎌倉高校前からスタート。
この駅はドラマなどによく出てきますね。見覚えがあります。
特にこの交差点はよく見ますね。
鎌倉高校前
午前10時過ぎ。快晴ではありませんが、穏やかな空と海です。
海の色がやわらかく、キラキラ輝いています。
鎌倉高校前
交差点の反対側。
サーフボードを抱えて下りてくる住民に出会いました。
さすがにそういう人たちが住む町なんだなと。
鎌倉高校前
海と江ノ電。すぐ側に国道134号線が走っている。

鎌倉高校前
江ノ島が見える。雲が切れたら富士山が見えるはずなんだけど…。残念…。
鎌倉高校前
駅の目の前は七里ヶ浜。サーファーたちがちらほら。
鎌倉高校前
雲の切れ目から日差しが照りつけ、海がキラキラと輝いていました。
本音を言うと、青い空と海を期待していたのですが、こういう海の色も悪くないです。

日本海や瀬戸内の海とは全然違うと実感しました。

次回は極楽寺と由比ヶ浜です。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Pentax K-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

カメラ貸し出し

カメラを貸し出すのは、やはり身内にしかしません。
他人は「ちょっと触らせて!」と言われても基本お断りです。

去年まではPentax k-xという初級機だったので、「オートで撮っておけば失敗はないんじゃない?」と言って貸し出していました。
そういえば、今年はk-5に買い換えたのでした。
「う・・・・ん!これでまず失敗はないだろう」と思ってAV(絞り優先)モード・F11・ISO400にして貸し出しました。

レンズはDAL 55-300mm EDです。
このレンズ!最近は運動会・発表会専用になってしまいました。
運動会のひとコマ.jpg

かなり生き生きと撮れているのではないでしょうか(^^♪
リレーの出番前のようですよ!
次週は幼稚園運動会用に貸し出し予定・・・。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | Pentax K-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

カスタムイメージって?

一眼レフを始めた頃は、ただ露出を変化させ、その通りに写るだけで感動していました。

しかし、時がたつにつれ、自分の「絵作り」というものを考えるようになります。

構図や色合い、コントラストなどですね。

K-Xの時には、色合いをPhotoshopで仕上げることが多かったです。
そのため、色合いをコントロールする『カスタムイメージ』はほとんど使用したことがありませんでした。
しかし、K-5はK-Xに比べこの『カスタムイメージ』が豊富です。…といっても2つ多いだけですが。
特に『銀残し』に興味がありましたので、この際、全部試してみました。

鮮やか
カスタムイメージ『鮮やか』 
色バランスのRed・Yellow・Green・Cyan・Blue・Magentaのうち、YellowとBlueがやや強め
コントラスト、シャープネスもやや強め メリハリのある絵に向いている

 
ナチュラル
カスタムイメージ『ナチュラル』
色バランス・彩度・色相・明るさ・コントラスト・シャープネスのすべて平均値
自然な仕上がりで、どのような被写体にも適している

人物
カスタムイメージ『人物』
ナチュラルよりも色バランスが強め。肌色を健康的な色合いに表現するのに適している。

風景
カスタムイメージ『風景』
Red Yellow Blueがやや強く、コントラスト・シャープネスが強め。
空の青さや木々の緑を鮮やかに表現するのに適している。

雅miyabi
カスタムイメージ『雅miyabi』
Magenta Red Green が強い。青を藍に、赤を朱に表現するのに適している。

ほのか
カスタムイメージ『ほのか』
色バランスが抑えぎみだが、ややYellow Blueが強い。明るさのレベルは最高値だが白とびにはならない。コントラストは低い。
女子カメラ風な写真を作りたいのに向いていると思う。

銀残し
カスタムイメージ『銀残し』
調色を8色に変化させることができる。 コントラストが強く、シャープネスはやや抑え目。
色バランスはYellow Blueが強いほかは抑え目。
古い写真や映画風に見せたい作風に向いている。
設定は同じでも、少し暗く写るのが特徴。
黒つぶれを起こしやすいので、プラス補正が必要かも。
※銀残しとは、フィルムの現像手法の一つで、本来の銀を取り除く処理をあえて残したもの。

リバーサルフィルム
カスタムイメージ『リバーサルフィルム』
色バランスはほぼ平均値。シャープネスのみ変化する
彩度とコントラストが高い絵作りに向いている。
(ヒストグラムを見ると黒つぶれを起こしている)
※リバーサルフィルムとは、現像後のフィルムが視覚と同じ画像で写るフィルムのこと。
 一般的にネガフィルムに比べ、コントラストが高く、シャドー部がつぶれやすくなったり、
 ハイライト部が飛びやすくなったりする。
 カラーネガフィルムをカラーリバーサルフィルム現像(逆も同じ)するとクロスプロセスになる。

モノトーン
カスタムイメージ『モノトーン』
モノクロ用色フィルター(8色)の変更ができる。


同じ条件で撮っても、色やコントラストを変化させることによって、随分イメージが変わってきます。


この中から、『鮮やか』 『ほのか』 『銀残し』を別写真で検証してみます。

カスタムイメージ『鮮やか』
鮮やか(花)
前回のエントリーの写真の元写真がこれ。
元の写真はこのように、Yellowが少し強いので、自分好みの色に仕上げたのが前回の写真です。
花の色を忠実に再現するのに適していると思います。


カスタムイメージ『ほのか』
ほのか(カレンダー)
女子カメラ写真のカレンダーは、やはり女子カメラ風に撮るのが一番かな。


カスタムイメージ『銀残し』
銀残し(書籍)
19世紀末の西洋絵画には『鮮やか』よりこちらの方が向いていると思います。

『鮮やか』にするとこんな感じ。
鮮やか(書籍)
ディズニーの絵本には向いていると思いますが。使い分けが必要ですな。


これからは露出情報だけでなく、カスタムイメージ情報も掲載したいと思っています。
なお、Nikon、Cannonユーザーはピクチャーコントロール。オリンパスユーザーは仕上がりモードのことだと思っていただければ。
デジタルフィルターやシーンオートのことではないので、くれぐれもお間違えなく!

一眼以前のコンデジ時代は、とにかく 『コントラストを強く』 『鮮やかに』 『明るく』ばかりを考えていました。
しかし、あえて『コントラストを抑える』 『色調を抑える』などで表現が違ってきます。
写真の世界って、奥が深いなぁ…。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
タグ:K-5
posted by 儒鈴(じゅれい) at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Pentax K-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。