2013年12月21日

質問にお答えします(角度補正)

角度補正についてご質問がありましたので、お答えします。

動画を見つけたので、これを見れば話は早い!

こちら  ⇒ 角度補正ツールを使う


私はPhotoshop Elementsはバージョン2と7を持っていて、バージョン11は体験版しか使ったことがありません。
バージョンが変わっても、角度や色調の補正の基本は変わらないと思います。

角度補正の基本は、水平と垂直の補正です。

(1)水平の角度補正をする場合

≪角度補正ツールを使う場合≫
 @角度補正ツールを使い(バージョンにより場所は異なります)オプションの『余白をトリミング』( バージョン11、12では『背景を削除するように切り抜く』)を選択する。
ツール
  

A水平にしたい箇所をドラッグすると、余白を自動で調整してくれます。
水平線補正

≪メニューの角度自動補正を使う場合≫

@イメージメニュー ⇒ 回転 ⇒ 画像の角度補正   ※自動で角度を補正します。
角度自動補正

Aこの場合は、余白が出来てしまうため、トリミングをします。
角度自動補正トリミング




(2)垂直のゆがみを補正する方法

≪元写真≫窓のゆがみを真っ直ぐにしたい。
ゆがみ

@イメージ ⇒ 変形 ⇒ ゆがみ (写真によって遠近法などを使い分け)
ゆがみ

A垂直のゆがみを補正する。
ゆがみ3.jpg

Bトリミングして完成。
特に室内の写真は画角が難しく、トリミングしたらソファーが切れてしまいました。
撮影はトリミングを想定したほうがよいですね。
ゆがみ


このほかに、フィルタメニュー ⇒ レンズ補正 を使用すると、水平・垂直の両方のゆがみを補正できます。


最新のPhotoshop Elements12では、新機能としてこんなのがあるそうです。
12の新機能
つまり!今までの角度補正の場合、最終的にトリミングするしかなかったのですが、
新機能では角度補正後の余白をソフト側が判断して勝手に塗りつぶしてくれるそうです。

今まで、Elements7とCS3で特に不便を感じていなかったのですが。

これ、ほっ ほしいっ!!

そしてAdobeの思う壺…^^;

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンダードレタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

晴れ間がのぞく

晴れ間がのぞく
雷と大雨が凄かったのですが、ようやく天気が回復しました。
もうすぐ梅雨明けですね。

最近の携帯電話のカメラ機能は優秀ですな。
少し補正をすれば、見られる写真へと変わります。

体調がようやく回復してきたので、撮りに出かけますよ♪


にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンダードレタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

おんなのこのへや

薬の副作用がキツくて、かなりしんどい思いをしました。
私の場合は、アレルギーを抑える薬というだけなのですが。
抗がん剤等と闘っている人は、よっぽどツライだろうな…と想像させられました。

さて、久々の更新です。
ネタがないので、ブラシを使って軽いレタッチをしてみました。
おんなのこのへや
宝物がいっぱい詰まった部屋です。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 18:13| Comment(1) | TrackBack(0) | スタンダードレタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

うれしい知らせ♪

大人になったら必ずやる!と思っていたのが「大人のピアノ教室」に通うことでした。
ピアノは小さい頃に習っていましたが、親が習い事に熱心ではなかったので、続けさせてくれなかたのです。

運よく、仕事を通じて知り合った先生に習うことができ、発表会を4回、級認定オーディションを3回経験しました。
引越しのため辞めざると得ませんでしたが、今でもその先生とは交流があります。
実はその先生のブログの代行を引き受けているんです♪
ピアノの先生って、生徒のレッスンと自分の練習&生徒の発表会曲のアレンジなどで、パソコンを習っている暇がありませんからね。

1ヶ月ほど前、Top画像の差し替えとネタ用写真を撮るため、久々にお会いしました。

実際に作ったものとは違いますが、こんな感じのTopを作りました。
楽器
自然光が入らない部屋に楽器が置いてあるので、撮影には苦労しました。
実際に弾いているところを撮ると、かなりブレます。
ポーズだけ取ってもらったところを撮っています。

過去に発表会の写真を撮ったことがありますが、ブレとの勝負だから難しいですね。

先日この先生から「今月、『ブログを見た!』と言った入会が2件もあった(^^♪」との知らせがきました。
今までは、紹介やタウンページからの入会が多かったのですが、最近はブログ入会がちらほら出てきたとのこと。
時代の流れを実感しているそうです。

今は週1回、携帯電話から私のパソコンへネタを送ってもらい、私が編集してアップしています。
ブログについては、もともと私から提案したことなのです。
「生徒募集」と私のように「卒業した生徒との交流の場」があったらな♪という思いからです。
役目が果たせてうれしいですね。

これは、昨年のクリスマス会の写真。
写真



2ヶ月前から、姪っ子に頼まれて、ピアノ教室の付き添いをしています。
毎週は出来ませんが、時間が合うときに行っています。
発表会の曲の仕上がりをみて欲しいのだとか。
バイエル最後のほうに載っている、ストリーボックの『すみれ』を練習中です♪
最初のピアノの手ほどきをしたのは私なので、責任もあるわけなんですよ。
姪っ子の先生、実は私がPCを教えていた方で、お互い「いやぁ緊張しますねぇ」の間柄です(笑)


辞めてからも、こうして何らかの形で音楽と繋がっている私です。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンダードレタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

最近の好きなレタッチ

子供の日の前日ということで、今回は、鯉のぼりの写真を使って3つのレタッチに挑戦してみます。

田舎では、男の子の生まれたお宅では、ごく当たり前に鯉のぼりを泳がせています。
地区によっては下写真のように、川に掛けたりしています。
でも、毎日夕方になると取り込んだり、雨の日は出せないから大変ですね。

では【元写真】
元写真


【@女子カメラ風】
鯉のぼり女子カメラ風
何をもって女子カメラ風とするかは難しいのですが、コントラストを抑えて、明るく、全体的にさわやかにした感じが『女子カメラ風』と思っています。
彩度調整で、ブルー、シアンを強く、マゼンタ、レッドを抑えます。
女子カメラの世界では、フィルムを使うのがトレンドで、特にKodak Potra160がこんな風に仕上がるようです。
フィルムの世界では断然Kodakが人気で、トイカメラLomoと相性が良いのはドイツのAGFA Vistaというフィルムです。

私も近い夢としては、Lomoデビューですね。

【Aクロスプロセス】
クロスプロセス風
クロスプロセスとは、カラーネガフィルムをカラーリバーサル現像することによって色調を変化させる方法です。

クロスプロセスは、レトロ感が漂うところがいいですね。
今回は、Photoshopのトーンカーブを使ってレタッチをしています。

ぜひとも、フィルムを現像に出して1回やってみたいです。
なお、カラーリバーサルフィルムをカラーネガ現像すると色調が変化したネガ画像になるとのことです。

【B色抽出】
レッド・マゼンタ抽出
デジカメのフィルタ機能の中にある『色抽出』をレタッチでやってみました。

Photoshopで彩度調整をすると出来ます。
今回はレッドとマゼンタの2色を残しています。
元写真ではレッド、マゼンタともに彩度が高いで、少し抑えています。

このレタッチは簡単なので、またの機会にチュートリアルを載せますね。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
posted by 儒鈴(じゅれい) at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンダードレタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。