2009年08月25日

映画風(銀残し風♪)

皆様、映画はご覧になられていますか?

現在、私が住んでいる地方は映画館が全部潰れまして…
みごとに1件もございません。

映画を見るなら車で2時間かけて出かけないといけないんです。

最近見たのは人から借りたDVDの『レッドクリフT』という寂しい状況…
まっ!CSとBSがあるからいいっか!と自分を慰めております(笑)

今回は、DEKIMAGAにハリウッド映画風に仕上げるというのが載っていたので、チャレンジしてみたのですが、なかなか満足のいく仕上がりになりません。

ネットサーフィンしていたら、プラグインではなく、通常の機能で『銀残し』が出来る方法が載っていたので再度チャレンジです。

 銀残し風
 ※この写真は知人からいただいたチェコの街並み


今回はこういう手法を使いました。
@背景」レイヤーを複製する(「レイヤー 1」)
A「レイヤー 1」を「オーバーレイ」モードへ変更 (ここがポイント
B調整レイヤー「色相・彩度」を作成し、彩度を下げる
C調整レイヤー「レベル補正」を作成し、シャドウ強め、ハイライトを弱めにする
Dトーンカーブでコントラストを調整
Eノイズを加える


銀残しで有名な作品の中で、私が見たのは『セブン』と『プライベート・ライアン』です。
当時の映画雑誌(今は休刊のPREMIERE JAPAN)でも『銀残し』について書かれてましたね。

『プライベート・ライアン』については忘れもしません。
当時、三ノ宮駅前の映画館で、満員のため席が最前列の一番左しか空いていませんでした。
目の前でスピーカーはガンガンうるさいし!スクリーンは斜めに見なければならず、途中で気持ち悪くなったのを覚えています。

映画は良い席で見ないとね。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
ラベル:銀残し
posted by 儒鈴(じゅれい) at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀残し風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。